60円45銭

創作のネタとかいろいろ

【駄文】001


 いやーいやー、大変お待たせしちまいまして申し訳ありませんねェ。

 どもどもお初にお目にかかります、私が曼荼羅華でございます。ええ。はいはい。マンダラカ。やや、チョウセンアサガオだなんてそんな、違いますよゥ。私めの名前の由来は天華てんげの類ですから。

 それで、えっと。お客さん方は態々私めに何の御用で……。…………ええっ、泉の屋敷の話を? 聞き集めてらっしゃるので!? ……はーーー、物好きな御方もいらっしゃるのですなァ。

 いえ、別に話したくないとかそういうことじゃあなくてですよ。

 ……はい、まあ。承知しましたよゥ。

 えっとですね、私が件のお屋敷に奉公していたのは、今からもう……二、三百年は昔になりますでしょうか。……ええ。そうですよ。まだ徳川の幕府が健在だった頃になります。

 その当時私は、泉姫様と云う、そりゃあそりゃあ美しいお姫様のお付きをしておりました。ええ。そうです。泉姫様のお屋敷なんで「泉の屋敷」。まあ、姫と云いましても群生する竹の子です故、お屋敷の中には姫様ばかり十……六、七……とにかくそのくらいおりました。泉姫様はその中で一番偉い姫様でした。ええ。

 他の姫様ですか? 確か春日様、空蝉様、烏羽玉様に――すみません、何分私めは人の名前を覚えるのが苦手でして、特に泉様と親しかった方以外はあまり覚えておりませんのです。いやあ申し訳ない。いえいえ。本当にお恥ずかしい限りです。

 ああ、そうだ。一人変わったお方がおられたのは覚えております。ええ、ええ。兎に角変わっておられるのです。名は確かカエン様と申しました。泉姫様の数少ない弟君の一人で、竹の子の癖に人里に下りて遠くへ行くのが好きな……まあ、物好きな御方でございました。

 そんな理由で普段はお屋敷におりませんでしたが、何月か一度に必ず戻ってきては人里で見つけた珍しい物や見聞きした出来事、芝居の話なんかをするもんで、他の姫様方には大変人気でございましたよ。

 え、私ですか? ……いやあ、私はああいった輩はちょっと……。

 や、だって瞳も御髪も鬼のように真っ赤っ赤なんですよゥ? 猩々でもあるまいし……。

 ああはい、話を戻しますね。

 まあそんな変わり者も居りましたが、泉姫様の屋敷は概ね平和でございました。
 仕える身としても毎日楽しかったですよ、ええ。


 あの日がくるまでは……ですがね。

**********
2014. 8.15   15.3

拍手[0回]

Comment

Name
Title
Color
Mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字