60円45銭

創作のネタとかいろいろ

【絵メモ】クロイツ・ニーダーシュラーク【設定メモ】


ヘンゼリーゼの十悪魔」序列九位。
妄想の悪魔。
夢を搾取する牧場主。

普段は14、5歳程度の少女の姿を取る。
悪魔かどうか疑わしくなるほど人懐っこく天真爛漫な性格で、一人称は「ぼく」。

夢を追う人間たちに呼びかけて自らのテリトリーに引き込み、居心地のいい環境で夢を追わせ続ける力を持つ。
引き込まれた人間は金も世間体も時間すらも気にすることなく好きなだけ夢を思い描くことができるが、その夢は見るだけで決して叶う事はない。本来先に進む力となる夢を育てて収穫するのがクロイツの役目であるからだ。
クロイツの提供する最高の環境は言わば夢牧場であり、捕えられた人間は次から次へと新しい興味関心を与えられて叶う事ない夢を妄想し続ける家畜である。
牧場主たる彼女は基本的に大事な家畜には優しいく接するが、妄想に飽き、現実に帰ろうとする者が出た場合、その者を決して許さないだろう。
だが、彼女の牧場に引き込まれるのは大抵が現実に疲れてしまった者ばかりなので、ほとんどの者たちにとっては彼女の牧場は楽園であり、一部の者たちにはクロイツは女神のように信仰されている。

ちなみに収穫された夢はクロイツ自身の糧となる他、退屈しそうな魔女たちに提供される極上のディナーとなる。

本来の姿は犬。あちこちに飛ばす事の出来る複数の目を持ち、牧場を監視して回る牧羊犬である。
同じ夢を司るエーンリッヒにはあまりよく思われていない。また、クローネは彼女に若干苦手意識を持っている。

デザインモチーフはラッパ、その他楽器類。
楽しげな音楽が流れてるのも楽園の条件だよね。たぶんね

拍手[0回]

Comment

Name
Title
Color
Mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字